読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS7にNginx + Lua のインストール

CentOS インフラ

CentOS7に Nginx + Lua をインストールする機会があったのでメモを備忘録として残しておきます。OpenRestyをインストールしても良かったのですが、ここでは自分でコントロールするということで各ソフトウェアを手動でインストールします。

環境と各ソフトウェアのバージョン

  • インストールする環境と各ソフトウェアのバージョンは以下になります。
    • OS: Cent7.1.1503
    • Nginx: 1.9.5
    • LuaJIT: 2.0.4
    • NDK (Nginx Development Kit): 0.2.19
    • lua-nginx-module: 0.9.16

LuaJIT のインストール

lua-nginx-module を使うためには Lua の実行環境が必要になりますが、ここでは LuaJITをインストールします。インストールパス(PREFIX)として以下では /usr/local/luajit を指定していますが、環境や好みに応じて適宜読み替えてください。また、特に明記しませんが以下でダウンロードしているソフトウェアはすべて tmp ディレクトリに配置しています。

$ mkdir tmp
$ cd tmp
$ curl -O http://luajit.org/download/LuaJIT-2.0.4.tar.gz
$ tar zxvf LuaJIT-2.0.4.tar.gz
$ cd LuaJIT-2.0.4
$ make PREFIX=/usr/local/luajit
$ sudo make install PREFIX=/usr/local/luajit

インストールする環境の状態によっては Clock skew detected という warning が出るかもしれませんが、私の環境では ntp をインストールしてから再度 configure すると直りました。

sudo yum install ntp

NDK のダウンロード

GitHub から tar をダウンロードして解凍します。

$ curl -L https://github.com/simpl/ngx_devel_kit/archive/v0.2.19.tar.gz -o ngx_devel_kit-v0.2.19.tar.gz
$ tar xzvf ngx_devel_kit-v0.2.19.tar.gz

lua-nginx-module のダウンロード

こちらも GitHub から tar をダウンロードして解凍します。

$ curl -L https://github.com/openresty/lua-nginx-module/archive/v0.9.16.tar.gz -o ngx_lua-v0.9.16.tar.gz
$ tar zxvf ngx_lua-v0.9.16.tar.gz

Nginx のインストール

ここから Nginx 本体のインストールが始まります。基本的に lua-nginx-moduleに記載されているインストール手順 と同様です。

必要となるライブラリのインストール

Nginx をインストールする際に私の環境では pcre-develzlib-devel が必要となりましたのでインストールします。

$ sudo yum install pcre-devel
$ sudo yum install zlib-devel

Nginx のダウンロード

Nginxの公式ダウンロードページ から Nginx をダウンロードして解凍しておきます。

$ curl -L -O http://nginx.org/download/nginx-1.9.5.tar.gz
$ tar zxvf nginx-1.9.5.tar.gz
$ cd nginx-1.9.5

環境変数の設定

先にインストールした LuaJIT の場所を示す環境変数を設定します。

$ export LUAJIT_LIB=/usr/local/luajit/lib
$ export LUAJIT_INC=/usr/local/luajit/include/luajit-2.0

Nginx のコンパイルとインストール

configure、make、make install でインストールします。パスは適宜読み替えてください。

$ ./configure --prefix=/opt/nginx \
  --with-ld-opt="-Wl,-rpath,/usr/local/luajit/lib" \
  --add-module=../ngx_devel_kit-0.2.19/ \
  --add-module=../lua-nginx-module-0.9.16/
$ make -j2
$ sudo make install

インストールされたNginxのバージョンを確認します。

$ /opt/nginx/sbin/nginx -V

Nginx のバージョンが表示されればインストールされています。

systemd への登録

systemd に登録しておきます。Nginx のサービスファイルは以下のものを参考に作成しました。

以下のファイルを、/lib/systemd/system/nginx.service に作成します。

[Unit]
Description=The NGINX HTTP and reverse proxy server
After=syslog.target network.target remote-fs.target nss-lookup.target

[Service]
Type=forking
PIDFile=/opt/nginx/logs/nginx.pid
ExecStartPre=/opt/nginx/sbin/nginx -t
ExecStart=/opt/nginx/sbin/nginx
ExecReload=/bin/kill -s HUP $MAINPID
ExecStop=/bin/kill -s QUIT $MAINPID
PrivateTmp=true

[Install]
WantedBy=multi-user.target

Nginx を enable にし、更に起動します。

$ sudo systemctl enable nginx
$ sudo systemctl start nginx
$ sudo systemctl status nginx

curl でアクセスし動作確認します。200 OK が返ってくれば成功です。

$ curl http://127.0.0.1 -I

Lua の動作確認

このままだとただの Nginx のインストール記事になってしまうので、一応 Lua の部分の動作確認もしておきます。ここでは Hello,world!Lua で HTTP のレスポンスとして返してみます。 設定ファイル (デフォルトだは nginx.conf) の server context 内に以下を追記します。

location /hello {
    content_by_lua "ngx.say('Hello,world!')";
}

Nginx を reload して、curl で動作確認します。

$ sudo sytemctl reload nginx
$ curl http://127.0.0.1/hello
Hello,world!
  • Hello,world! と表示されたので、Lua が動作しているようです。

終わりに

本格的に使う場合には Firewalld の設定をしたり、SSLの終端として使う場合にはコンパイル時に ssl モジュールも追加してあげる必要があります。必要な方は設定&追加してみてください。